物語創作4つの悩み③書き上げても面白いと言ってもらえない


question3

当ブログを訪れる人の悩みは、大きく分けると4つに集約されます。そこでぴこ蔵は、この4つの悩みを解決するためにはどうしたらいいかを考えました。

よく書けるねー、凄いねー、とは言われても、作るストーリーはマンネリ化した同じパターンで面白いといわれたことが一度もない

最も必要なのはアイデアのひらめきですが、物語が面白くならないという人はたいていこのコアとなるアイデアが面白くない。あるいはアイデアそのものが全然ないのです。

アイデアすらないのであれば、これまでわしらはいったい何を物語ろうとしてきたのでありましょうか? おそらく、自分が好きなシーンを実現させやすい舞台設定や、好みのタイプのキャラクターの、主に外見的な特徴や喋り方について一生懸命描写していた、あるいはその妄想に浸っていただけなのかもしれません。

残念ですが、それだけでは何も起こらないのです。もっともっと事件が立て続けに起こり、登場人物を必死に行動させるように追い込まなければ、読者には面白く感じてもらえないんです。手に汗握る展開によって観客がドキドキワクワクしてくれなければ、エンタメとは言えないのです。

それには読者を喜ばせるための高度な戦略が必要です。それはまさしく物語の技術であり、文体や絵の上手下手とは関係のないところで決まります。

びっくり、ドキドキ、ハラハラ、びくびく、ワクワク。

そんな、強く感情を揺さぶられる出来事。その驚きや感動を再現するのがエンターテインメントの目標でありましょう。

あなたのストーリーに盛り上がりが足りない、なんか貧相でげっそりすると感じたら、タイムリミットやミッドポイントやどんでん返し、問題解決の切り札、意外な結末、読者を惑わす謎など、リッチな物語エレメンツ(要素)がきちんと入っているか、そして効果的に機能しているかを、まず最初にチェックしてみてください。


ぴこ山ぴこ蔵の物語創作支援メールマガジン
このブログの記事は全て、ぴこ蔵メールマガジン『面白いストーリーの作り方』から転載したものです。メルマガでは「いかにして面白い物語を生み出すか?」をテーマに、毎月、ぴこ蔵流の実践的考察を続けています。バックナンバーは公開しておりませんし、ブログ記事になるまでにはけっこうなタイムラグがあります。すぐにお読みになりたい方は、以下より配信をお申し付けください。折り返し、最新号が届きます!

創刊2004年、愛されて好評配信中! 今すぐ無料登録