美しいイメージはあるのにストーリーにできないで悩んでいませんか?

自分だけの物語をそろそろ本格的に書きたいのであれば「あらすじ」を作ってみませんか?

どんなものでもいいから、とにかくストーリーを結末まで考えてみませんか?

そのために、まずは「あらすじ」を1本、とりあえず最後まで書ききることを目指しましょう。

小説や漫画やシナリオとして完成しなくてもかまいません。新たなストーリーがデザインできればいいのです。

ただし、『物語』と『あらすじ』の間には文章量以外にも大きな違いがあることを知っておく必要があります。 続きを読む

ちょっとユニークな往還記を読みたいなら『航路』

コニー・ウィリスの『航路』は、一生を彩るさまざまな旅の中でも、最後の最期に行くことになる最長の旅行である「死出の旅」をテーマにした小説です。

SFなので亡者が地獄めぐりをする話ではありません。アプローチはあくまでも科学的。素材として使われるのは『臨死体験』です。

ヒロインは認知心理学者のジョアンナ。NDE(臨死体験)の原因と働きを科学的に解明するべく、小児科から緊急救命室まで、迷路のような大病院を駆け回ります。

臨死体験は主観的な経験なので、体験者の記憶がどんどん変容してしまうため、聞き取り調査は急がなければならないのです。

しかし、その病院で臨死体験した患者たちはいずれ劣らぬ変わり者ばかり。なかなか有意義なサンプルデータが取れないため、このプロジェクト事態の存続が危うくなります。

そこで出会ったのが、臨死体験を再現できる薬物を発見したドクター。ジョアンナは彼と協力して、自らが臨死体験をすることになります。

ところが、思いもかけないことに、彼女の意識が体外離脱状態で訪れた場所は、なんとあの有名な……。

分厚い上下巻の大長編にも関わらず、面白くて一気に読みきってしまいました。何を書いても面白いコニー・ウィリスだけに、この作品も見事な構成になっています。

ごりごりのSFというよりも、ある意味でミステリー仕立てでもあり、あっと驚くサプライズとユーモアにあふれていて、大人の知的好奇心を充分に満たしてくれます。

ただ、この『航路』のクライマックスには、もっとスケールの大きな感動が用意されているのです。

twitterで見つけたある感想をご紹介することで(許可済み)、この作品のご案内に代えさせていただこうと思います。

「数年前、癌になった。以来「死」についてよく考えるようになった。コニー・ウィリスの『航路』は臨死体験を巡る物語。これを読んで「死とは新しい体験であり、究極の冒険なのではないか」と思った。それから正体不明の恐怖が消えた。闇に怯えず過ごせる人生は素晴らしい。この本とSFに感謝している。」

全くもって人生とは、いつ何が起こるか分からないものです。ぴこ蔵にしたって、いよいよ漂泊の想いが捨てがたくなり、ある日突然あなたの街に姿を現すこともあるかもしれません。その時はひとつよろしくお願いします。なんのこっちゃ(笑)

★航路(上下巻) (ハヤカワ文庫SF)
コニー ウィリス (著), 大森 望 (翻訳)

★ぴこ山ぴこ蔵の物語創作支援メールマガジン★
このブログの記事は全て、ぴこ蔵メールマガジン『面白いストーリーの作り方』から転載したものです。メルマガでは「いかにして面白い物語を生み出すか?」をテーマに、毎月、ぴこ蔵流の実践的考察を続けています。最新ニュースや特別キャンペーンなどお得情報も続々と!

創刊2004年、愛されて好評配信中! 今すぐ無料登録!
登録はこちらから。

物語創作4つの悩み③書き上げても面白いと言ってもらえない

question3

当ブログを訪れる人の悩みは、大きく分けると4つに集約されます。そこでぴこ蔵は、この4つの悩みを解決するためにはどうしたらいいかを考えました。

よく書けるねー、凄いねー、とは言われても、作るストーリーはマンネリ化した同じパターンで面白いといわれたことが一度もない

最も必要なのはアイデアのひらめきですが、物語が面白くならないという人はたいていこのコアとなるアイデアが面白くない。あるいはアイデアそのものが全然ないのです。

アイデアすらないのであれば、これまでわしらはいったい何を物語ろうとしてきたのでありましょうか? おそらく、自分が好きなシーンを実現させやすい舞台設定や、好みのタイプのキャラクターの、主に外見的な特徴や喋り方について一生懸命描写していた、あるいはその妄想に浸っていただけなのかもしれません。

残念ですが、それだけでは何も起こらないのです。もっともっと事件が立て続けに起こり、登場人物を必死に行動させるように追い込まなければ、読者には面白く感じてもらえないんです。手に汗握る展開によって観客がドキドキワクワクしてくれなければ、エンタメとは言えないのです。

それには読者を喜ばせるための高度な戦略が必要です。それはまさしく物語の技術であり、文体や絵の上手下手とは関係のないところで決まります。

びっくり、ドキドキ、ハラハラ、びくびく、ワクワク。

そんな、強く感情を揺さぶられる出来事。その驚きや感動を再現するのがエンターテインメントの目標でありましょう。

あなたのストーリーに盛り上がりが足りない、なんか貧相でげっそりすると感じたら、タイムリミットやミッドポイントやどんでん返し、問題解決の切り札、意外な結末、読者を惑わす謎など、リッチな物語エレメンツ(要素)がきちんと入っているか、そして効果的に機能しているかを、まず最初にチェックしてみてください。


ぴこ山ぴこ蔵の物語創作支援メールマガジン
このブログの記事は全て、ぴこ蔵メールマガジン『面白いストーリーの作り方』から転載したものです。メルマガでは「いかにして面白い物語を生み出すか?」をテーマに、毎月、ぴこ蔵流の実践的考察を続けています。バックナンバーは公開しておりませんし、ブログ記事になるまでにはけっこうなタイムラグがあります。すぐにお読みになりたい方は、以下より配信をお申し付けください。折り返し、最新号が届きます!

創刊2004年、愛されて好評配信中! 今すぐ無料登録

物語創作4つの悩み②書き始めても最後まで書き上げられない

question2

当ブログを訪れる人の悩みは、大きく分けると4つに集約されます。そこでぴこ蔵は、この4つの悩みを解決するためにはどうしたらいいかを考えました。

書きはじめは絶好調なのに、いつも途中で何かつながりがおかしくなって、最後までフィニッシュできたためしがない。

なぜこんなことになってしまうのでしょうか?
面白い物語を作るために私たちはまず何を用意しなければならないのでしょうか?

ピクサーの映画『メリダとおそろしの森』で絵コンテを描いたEmma Coatsさんは、素晴らしい物語を作る上で欠かせない22のルールを語っています。その中で7番目に挙げられているのが「物語の中盤に差しかかる前に、エンディングを思い浮かべよう。物語を終わらせるのはとても大変なので、その前から着手するのが大事」という項目です。

※参考;lifehackerの記事より

続きを読む

物語創作4つの悩み①面白いストーリーが思いつかないので書き始められない

question

当ブログを訪れる人の悩みは、大きく分けると4つに集約されます。そこでぴこ蔵は、この4つの悩みを解決するためにはどうしたらいいかを考えました。

自分が作りたい物語がどんなものなのかがよく分からないし、無理やり書こうとしても陳腐なエピソードしか頭に浮かばない

ストーリーを作れない原因は山のようにあります。しかし、いくらその理由を断罪し反省したところで面白い話が出来るわけではありません。出来ない言い訳よりも一刻も早く素晴らしいアイデアをひねり出すことの方が大事だし素敵です。

ならばどうするか?
続きを読む