衣装担当にマントを発注


歳の割には元気がいい衣装担当ハリ子「がんばるわ♪」

これは妄想と現実の間に設立されたあらすじドットコムで、やや現実よりの業務を担う「事務局BOU」の苦難の記録である。~ あらすじドットコム事務局便り ~

衣装担当ハリ子さんにぴこ蔵のイメージするコスチュームの絵を見てもらった。

絵にないけど、襟もお願いしました

ドラキュラはマントが命。

表は夜の闇をあらわす漆黒、裏は血の真紅となるように。そして世界よ、恐怖に染まれ! 血の雨ふれふれもっと降れ! 私のドラキュラ連れて来い!

吸血鬼的にテンションの上がった事務局BOUは、色にこだわって生地を持参したのだが……。

「それではうまく縫えにゃいね~」とハリ子さんにあえなく却下された。布にもいろいろあるのだ。ああ、だんだん人形作りの深みにハマっていく。生地選びって楽しい。でもあんまり時間がないので、ここはハリ子さんに適当な生地を探してもらうことにする。

果たして、ドラキュラのマントはできるのか?!


ぴこ山ぴこ蔵の物語創作支援メールマガジン
このブログの記事は全て、ぴこ蔵メールマガジン『面白いストーリーの作り方』から転載したものです。メルマガでは「いかにして面白い物語を生み出すか?」をテーマに、毎月、ぴこ蔵流の実践的考察を続けています。バックナンバーは公開しておりませんし、ブログ記事になるまでにはけっこうなタイムラグがあります。すぐにお読みになりたい方は、以下より配信をお申し付けください。折り返し、最新号が届きます!

創刊2004年、愛されて好評配信中! 今すぐ無料登録


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。