「恋と冒険のどんでん返し」大復活!


恋と冒険のストーリーを作ろう!

物語創作技術研究所では、急いで面白いストーリーを作らねばならないあなたに、さまざまなスタイルのストーリーの型を提供します。

そのままふくらましたり、お好きに改変するなりして、御自由にお使いください。

あなたの物語に「どんでん返し」を!

こちらで使う面白い物語の「型」は、どんでん返しを中心に組み立てられています。

物語技研の所長・今井昭彦<pikozo>は、起承転結でいう「転」の部分に当たる「どんでん返し」を、『恐怖』というキーワードに従って全部で10タイプに分類しました。

なぜなら、人間らしさというものは、常に『恐怖』との戦いにおいて発露されるものだからです。

恐怖心のない戦いなど、ただの破壊行為でしかありません。
人を感動させる戦いとは、恐怖を克服する過程そのものなのです。

“面白さ”を担保するどんでん返し入りの「物語の型」

どんでん返しはあなたの物語にエンタメとして最低限必要な面白さを担保します。

そこで、タイプ毎に「どんでん返し」の構造をシンプルにまとめた「型」を作りました。
その「TYPE01」を使って、どんでん返し付きのストーリーを作ってみましょう。

もちろん、新しい物語を作るためには古い「型」を壊す必要があります。
しかし、「型」の本質を理解していなければ壊すことはできません。
まずは「型」の持つ魅力を完全に会得して、それから新しい地平を目指しましょう!

使い方とコツ

物語を構築するのはとても簡単。回答フォームに登場人物の名前や好きなものなどを入力するだけで、物語のあらすじが完成します。

想像力を強化するためのちょっとしたコツは「知っている人の名前」を使うこと。「名前」を使うということは、同時に「その人の人物像や人間関係」も入力することだからです。リアルな人間関係は物語を想像以上に豊かにしてくれます(笑)そして実在の知人の名前は、あらすじを読むあなたの脳内に、驚くばかりの現実感と鮮明なイメージを与えてくれることでしょう。

M E N U

<どんでん返し>
まずは「TYPE01」と呼ばれる基本中の基本形をご紹介します。最もシンプルで応用範囲の広い「どんでん返し」を使った、王道とも言える型です。この手順に沿ってエピソードを積み重ねることで、あなただけのストーリーが完成します。
どんでん返しTYPE01(簡易版)

<ラブストーリー>
「TYPE01」のどんでん返しをベースに『ラブストーリー』を作るにはどうするか? これはそんな問いへの答えの一つです。
“LOVE”~恋の契約編

それでは存分にお楽しみ下さい!

※ここでは基本的な要素だけにとどめています。どんでん返しについてもっと詳細に知りたい場合はこちらをお読み下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
物語創作講座<どんでん返し編>


ぴこ山ぴこ蔵の物語創作支援メールマガジン
このブログの記事は全て、ぴこ蔵メールマガジン『面白いストーリーの作り方』から転載したものです。メルマガでは「いかにして面白い物語を生み出すか?」をテーマに、毎月、ぴこ蔵流の実践的考察を続けています。バックナンバーは公開しておりませんし、ブログ記事になるまでにはけっこうなタイムラグがあります。すぐにお読みになりたい方は、以下より配信をお申し付けください。折り返し、最新号が届きます!

創刊2004年、愛されて好評配信中! 今すぐ無料登録