ぴこ蔵&ブンコの実践特訓、新シリーズ開幕!


pikobun

長らくお待たせいたしました!
あらすじドットコム、物語創作実践特訓シリーズを新発売!

ぴこ蔵師匠が弟子のブンコちゃんの悩みに答えて物語創作のコツを徹底的に指導します。シリーズ名はずばり「ぴこ蔵&ブンコ」となりました。分かりやすすぎます(笑)

キャラや世界観は作れるのに1本筋の通った物語が紡げない……。

そんな物語創作初心者のために、ぴこ蔵&ブンコの師弟コンビがさまざまなトレーニングを実施し、あなたがストーリーテラーになるためのマインド構築とスキル確立を支援します。

おなじみの爆笑掛け合いも復活し「マジ分かりやすすぎ!」「忘れかけていた物語作りの楽しさがフツフツと湧き上がってくる」「これで書けなかった青春にリベンジだ!」と評判も上々であります。

PCのみならずスマホでも視聴していただける形式でダウンロード販売中です。

第1弾は、バラバラのエピソードを1本の筋にまとめる秘術

注目のテーマ「因果関係の作り方」。

シーズン1のタイトルは

アイディアをストーリーにできないあなたへ~因果関係の作り方

ぴこ蔵ブンコによる技術指南PDFでは、プロットの本質である因果関係を、連鎖反応を生む“だから連想術”と時間軸を遡る“なぜならば逆行術”という2つの秘術を尽くして、分かりやすく作り上げていきます。

さらに特典付録は、2016年4月、日本工学院で開講した“しりとり物語”講義映像。全3時間に及ぶ授業の核心部分だけを抽出し約45分間に圧縮した、ここでしか視聴できない因果関係構築メソッドです。

あらすじドットコム読者の皆様から「ストーリーが途中で破綻する」という悩みが多く寄せられ、1年半前から構想を温めておりましたが、LIVE受講者からの要請もあったことで、今回のトレーニング講座の発売を決めました。

ストーリーが連続せず途中で破綻してしまう理由は、明快なプロット(因果関係)がないことにあります。原因と結果が曖昧なのです。あなたの物語に足りないのはドミノを倒すための連鎖です。

プロット制作法にはさまざまな種類があります。関係者は「今回の“しりとり”を題材にしてらくらくとプロットを構築していく方法には目からウロコが10万枚落ちます」と自信を覗かせております。

ぴこ蔵LIVEでは、毎回ユニークな制約下でストーリー作りを競わせる「χ1(カイワン)グランプリ」など実験的な創作術を世に送り出してきました。

中でも“しりとり物語創作講座”は、15年1月を皮切りに、代々木、多摩南大沢、大阪などで開講。また15年4月、16年4月には日本工学院八王子専門学校で2年連続開催している大人気の実践講座です。

キャラに思い入れが強すぎたり、テーマを難しく考え過ぎたりして、ストーリーが展開できなくなってしまう傾向のある人に「まずは半強制的に、誰が何をする話なのかを決めてしまおう」とぴこ蔵は呼びかけています。そのシンプルな筋に従って主人公が自然に選択する行動が、作者の人生観や物語のテーマを自動的に浮かび上がらせてくれるのです。

あらすじドットコム関係者は「ぴこ蔵&ブンコを復活させると決定した時、ぴこ蔵本人は“ぴこ蔵塾を学校だと思っている人も多いけど、本当はある意味で学園モノなのである”と語ってました。今回の講座も、言ってみればぴこ蔵とブンコが創作の荒野を冒険する物語なわけです。ただし、読むというよりも書くことによって楽しめるエンタテインメント作品だと言えます」と話しています。何やら謎に満ちておりますが(笑)、実際の内容は非常に分かりやすいのであります。

因果関係をサクサクと作る2つの秘術と、いつでもどこでもネタが作れる簡単メソッド。単なる「技術解説」という概念では収まらない“ストーリーデザイン”がいよいよその全貌を見せ始めました。その場で手軽に実践できるぴこ蔵&ブンコスタイルで、誰にでも「面白いあらすじ」が作れるようになります。ぜひ詳細をご覧になってみてください。

さらなる詳細はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「ぴこ蔵&ブンコ シーズン1:因果関係の作り方」