内なる物語を書こう ~本当に書きたい何かを探す旅


小説やシナリオが書けたらいいな。

そう思っている人はたくさんいます。
ところが、実際に書き上げる人はほとんどいません。

なぜでしょうか?
物語が最後まで書けないと悩んでいる方にその状況を聞いてみると、答えは次の2種類に大別されました。

(1)いざ机の前に座ると、何を書けばいいのか分からない。頭の中がもやもやしていて、書きたいものの正体がつかめないで途方に暮れる。

(2)インスピレーションを得て書きはじめるが、思うように書けないために情熱が冷め、そのうち諦めてしまう。書きたい気持ちはあるのだが、どうやって書いていいのやら。

似ているようで微妙に異なるこの二つのケース。
前者の理由は「書くべきことを心の中から探し出せていない」からであり、
後者は「それをアウトプットする方法を知らない」からです。

あなたはどっち?
それとも両方に当てはまりそう?

4月26日(日)のぴこ蔵無料LIVEでは、そんな「表現したいのにうまくいかない人」のお悩みを一挙に解決する試みに挑戦します!

あなたの心の奥に潜んでいるイメージを探し出し、それをアウトプットするためのお手伝いをします。

そのためには、表現のコアとなる「あなたの心が伝えたがっているものは何か?」を把握することが大事です。

そこで、インストラクターのサポートを受けながら、まずは瞑想や呼吸法でリラックスしつつ集中していただきます。

※協力:ハートケアインストラクター 一ノ渡アヤコ
http://www.kotonohanoki.com/index.html

そして、忙しい日常生活に置き去りにされ、忘れられていた楽しい記憶や好きなことを再確認することで「自分だけの感性」や「こだわりの感覚」を発見して欲しいのです。

その上で、その感覚をエンタテインメント・ストーリーに仕上げていきます。ミステリーやサスペンスの作法に則った「万人を楽しませる!」ための型に当てはめていく作業なので、逆に自分の嗜好を客観的に絞り込める、新鮮で楽しい創作体験になるはずです。

ぴこ蔵秘伝の物語ワークシートに従って制作していただきますので、作品が面白くなることは間違いないと思います(^^)

とは言え、ストーリーの出来不出来は関係ありません。

このセミナーの目的は「胸の内にあって何となく自分に影響を与えている漠然としたイメージ」を発見し、ストーリーの形を借りてアウトプットする。その行為自体にあるのです。

自分の内側への小さな旅を楽しんでください。

4月26日(日)、東京多摩・南大沢でお待ちしております。
無料です。


4月の無料講座その2;
内なる物語を書こう ~本当に書きたい何かを探す旅

日時:4月26日(日)13:30開講(13:20開場)
会場:多摩・南大沢

講座のお申し込みはこちらからどうぞ。
終了しました。ありがとうございました。
折り返し会場の詳細を自動返信します。
※返信メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。


ぴこ山ぴこ蔵の物語創作支援メールマガジン
このブログの記事は全て、ぴこ蔵メールマガジン『面白いストーリーの作り方』から転載したものです。メルマガでは「いかにして面白い物語を生み出すか?」をテーマに、毎月、ぴこ蔵流の実践的考察を続けています。バックナンバーは公開しておりませんし、ブログ記事になるまでにはけっこうなタイムラグがあります。すぐにお読みになりたい方は、以下より配信をお申し付けください。折り返し、最新号が届きます!

創刊2004年、愛されて好評配信中! 今すぐ無料登録