iMovieの予告編機能はどこまで使えるのか、クリエイターと小学生と経営者が挑戦


ハリウッド映画の予告編みたいなPR動画が簡単に作れる実践ワークショップ

■3/19(土)第2回「iMovieで自己PR動画を作ろう!」

●日比谷図書文化館 会議室A(受講人数最大20名)
(13時15分開場 13時30分開講~16時45分まで)

★今回のテーマ“探検物語”

漫画家、小説家、イラストレーター、経営コンサルタントや翻訳家、ショップ経営者から最年少は小学生まで、様々なご職業の方々が集まってくださった第1回「iMovieで自己PR動画を作ろう!」ワークショップ。

「これは凄い!」「相当使える」「想像以上に刺激される」「私の新たな才能が見つかった」と、年齢や職業を越えて受講者の皆さんが喜んだその理由は……。

一人では撮影できないシーンが撮れる

自分だけではなかなか撮れない「聴衆を前に演説する勇姿」や「プレゼンで拍手をもらう映像」などのレア・シーンを相互に協力して撮影!

コピーライティングの秘密

魅力的なコピーには分かり易さと楽しさを両立させる秘密があります。そのテクニックを丁寧に教えます。わずか5つのポイントを押さえるだけで、誰でも「たった1分なのに心に残る動画」が作れます。

“匂い”や“雰囲気”のコツ

エンタテインメントの各カテゴリー(ミステリー、ホラー、コメディ、サスペンスなど)の特徴とその雰囲気を作るコツが具体的に分かります。たった1分間の動画だからこそ、様々なカテゴリーを作り分けることによって、見る人によって異なる趣味や嗜好にターゲッティングできるのです。

同じ素材なのに全く違う動画ができる

「そんなにたくさんの映像、持ってないよ〜;;」と心配する必要は全くありません。秘訣をお教えしますので、ラブストーリー編、スーパーヒーロー編、家族愛編、冒険物語編、アクション大作編など、同じ素材でも全く異なるものができます。

短い時間で名場面を撮影するコツが分かる

動画を上手に撮るための小技、すぐに役立つ実践テクニックをその場でアドバイスします。

今回のテーマは「探検編」。『宝探し』的なニュアンスを持っており、登場人物の雄々しさが演出しやすいので、イベントの告知やスタッフの紹介などと相性のいいパターンです。

※この講座は、iPhoneやiPadやMacをお使いで、しかも『iMovie』というアプリを持っている方におすすめです。

お席は先着20名様までと限られております。早い者勝ち!

お申し込みはこちら↓
終了しました。

 

※お申し込み後、ショップから確認メールが届きます。すぐに届かない場合は、ご記入のメールアドレスが間違っている、返信が迷惑メールフォルダに振り分けられている、お使いの端末へのメール着信が許可されていない、などの可能性がございます。確認メールが届かないと、その後の詳細案内メールも届かないおそれがありますので、充分ご注意ください。

どうやっても返事が来ない場合は、お手数ですが下記のメールアドレスまでお問い合わせください。info@arasuji.com

関連記事

iMovieで自己PR動画を作ろう! 3.19


“iMovieの予告編機能はどこまで使えるのか、クリエイターと小学生と経営者が挑戦” への 1 件のフィードバック

コメントは受け付けていません。