STORYNOTE01改 β版の説明


storynote-01

 

STORYNOTE type01改 β版

質問に答えていくと「どんでん返し」の入ったあらすじが出来る “STORYNOTE” TYPE01改良版です。

新しい機能は以下のとおりです。
(1)出来たあらすじをあなた宛にメールで送ります。
(2)どんでん返しの要である【偽敵】と【本敵】の詳細を設定するための質問を増やしました。

まだまだ発展途上のβ版ですが、よろしければ使ってみてください。もっと便利で使いやすいものにするために、ぜひあなたのご協力をお願いします。

まずはこのサービスを使用して作られた下記の“サンプルあらすじ”をお読みください。記入された回答は、このサンプルのような形に構成されて、あなたのメールアドレス宛に送信されます。

慣れるのに多少時間もかかると思いますし、完成するまでには何度か推敲する必要があるでしょう。しかし、2度3度使ううちに、きっとあなたの物語作りのお役に立つことが実感されてくるはずです。どうか納得するまでトライしてください。

なお、このフォームに記入したデータは当ブログの運営者であるぴこ山ぴこ蔵(pikozo@arasuji.com)にも送信されます。もちろん、あくまでもSTORYNOTEの更なる改良のために、ぴこ蔵のみが拝読・解析させていただくものであり、送信内容の無断公開・流用は絶対にいたしません。

※使用されているどんでん返しの詳細は当ブログの無料講座で解説しております。
どんでん返し基礎講座

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓サンプルあらすじ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

題名: 老舗戦線異常なし

●どんでん返しタイプ01:敵だと思って追い詰めたら、実は別にいた

超あらすじ:老舗和菓子店の相続を巡って、様々な思惑を抱いた人々が暗躍し、ごたごたが巻き起こる。
そして、祖母を拉致監禁して脅迫し、自分に都合の良い契約を迫る本敵。悪の計略を阻止するために主人公は敵を必死に追いかける
本敵が監禁場所に姿を現した時、さとみの報告を受けた庭師の清治じいさんがハチを使って攻撃し、一網打尽にする。
最後に、主人公が和菓子屋ののれんを継ぐことを決心する。

●主人公の名前:粗筋タロウ
●偽敵の名前:御鳥野
●本敵の名前:星田

【あらすじ】

老舗和菓子屋の十八代目である主人公の祖父と、その後継者である父の合同葬儀のシーン。

星田は共同経営者である。
星田は交通事故で同時に突然死した祖父と父の名誉のために身銭を切る。

御鳥野は老舗の大番頭である。
御鳥野が祖母に冷酷な表情で詰め寄り、泣かせているところを主人公が目撃する。

主人公に提示される選択肢:「老舗を継がない(誤答)」OR「老舗を継ぐ(正解)」

粗筋タロウは祖父と父が急死したが、二十代目として老舗の和菓子屋を継ぐ気はさらさらない。

清治じいさんが祖母と思い出話をする。その内容は「立っている者だけを襲う一文字バチの習性とその猛烈な痛みについて」

主人公タロウの祖母が何者かに誘拐された!

祖母の行方を知っているはずの御鳥野がいない。

急がなければ、タイムリミットがやってくる!
粗筋タロウは何者かに誘拐された祖母を救出しなければならない!

この手で祖母を奪還してやる。主人公は立ち上がった。

星田はタロウを激励し、支援を約束する。

粗筋タロウは問題を解決するために
やっとチャンスをもらった重要な企画の社外プレゼンを他人に任せて、祖母の行方を追う。
しかし、はかばかしい成果は得られない。

それどころか、この仕事が出来ないのなら会社を辞めろ、と上司に迫られる。
祖母が閉じ込められている場所を探索する。
祖母の監禁場所を突き止めたが、一瞬早く祖母は脱出。しかしそれにより、さらなるピンチに陥る!

姿を消した御鳥野の部屋から会社の経営権譲渡に関する重要な書類が発見される。

祖母と一緒にいたため誘拐された女性社員・さとみの活躍により祖母が脱走。それを知った本敵から実行犯に再捕獲を命じる電話が入る。

粗筋タロウは御鳥野を敵だと思い、追い詰める。
ところが、御鳥野は敵ではなかったのだ!

御鳥野についての祖母の告白。二人は密かに想い合っていたのだ。しかし、御鳥野は祖母の立場を考えて別れようと言った。それで祖母は泣いていたのだ。

御鳥野は祖母を守ろうとして殴られ、車のトランクに押し込まれていた。失神状態から回復した御鳥野は祖母がとっさにポケットに滑りこませておいた祖母の携帯に気がつく。御鳥野からの電話で本敵の正体が明らかに!

そして、本当の敵・星田が姿を現わす。
本当の敵である星田の隠れ蓑は「昔からの共同経営者」だった。星田は善意の支援者を装いながら、実は老舗の全経営権を狙っていたのだ。

さとみは逃げたが祖母が再び捕まり、主人公までもが敵に捕まる。命と引き換えに経営権譲渡の署名を迫られる!

御鳥野の部屋にあった経営権の譲渡書類は星田が作ったものだった。祖母と御鳥野の不適切な関係をばらすと脅迫され途方に暮れた祖母が御鳥野に渡したのだ。

粗筋タロウはついに星田と対決する。

星田は言った。「この申し出を断れば祖母は大恥をかくことになるぞ」だが祖母は言う。「私はこの想いを恥じてはいない」

「のれんを守るのは俺の役目だ!」とタロウが叫んだ。
清治じいさんが一文字バチを「本敵」のいる部屋に放つ!
タロウと祖母は、とっさに寝転んで、一文字バチの襲撃を逃れる。大量のハチに刺されて苦しむ本敵たちを捕まえ、一件落着。

タロウは老舗ののれんを継ぐ。

祖母が主人公にさとみとの結婚を命令する。

<終>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

それではさっそく始めましょう! Let’s どんでん返し!
STORYNOTEを開始する