「悪」についてわしも考えた

今さらながらですが、ジャック・ヒギンズの名作「鷲は舞いおりた」には痺れました。(小説の方です。映画はあまり感心しません)

第二次大戦末期、形勢が悪くなってきたナチスが一発逆転の秘策として企んだ「チャーチル誘拐」。そのために選ばれた男たちが挑む驚愕の作戦の内容とは?!
“「悪」についてわしも考えた”の続きを読む