物語創作4つの悩み③書き上げても面白いと言ってもらえない

question3

当ブログを訪れる人の悩みは、大きく分けると4つに集約されます。そこでぴこ蔵は、この4つの悩みを解決するためにはどうしたらいいかを考えました。

よく書けるねー、凄いねー、とは言われても、作るストーリーはマンネリ化した同じパターンで面白いといわれたことが一度もない

最も必要なのはアイデアのひらめきですが、物語が面白くならないという人はたいていこのコアとなるアイデアが面白くない。あるいはアイデアそのものが全然ないのです。

アイデアすらないのであれば、これまでわしらはいったい何を物語ろうとしてきたのでありましょうか? おそらく、自分が好きなシーンを実現させやすい舞台設定や、好みのタイプのキャラクターの、主に外見的な特徴や喋り方について一生懸命描写していた、あるいはその妄想に浸っていただけなのかもしれません。

残念ですが、それだけでは何も起こらないのです。もっともっと事件が立て続けに起こり、登場人物を必死に行動させるように追い込まなければ、読者には面白く感じてもらえないんです。手に汗握る展開によって観客がドキドキワクワクしてくれなければ、エンタメとは言えないのです。
“物語創作4つの悩み③書き上げても面白いと言ってもらえない” の続きを読む

面白い物語を生み出すための4つのマインドセット

娯楽として読む面白い小説を書くためには必須のポイントがある。世界観やキャラももちろん大事だが、それ以前に、誰が読んでも夢中になる『構成上の仕掛け』が必要。その具体的なアイデアを得るための考え方とは?

こんなご質問をいただきました。

自分の書いた小説は「世界観は良いがキャラクターの個性が弱く、ストーリーのテンポで緩急がない」とよく言われます。自分もその欠点を直すため、アクションシーンやキャラクター同士の対立などを描くようにしているのですが、なかなかしっくりきません。それらを描いても、理屈っぽく平坦に考えているように見えてしまい、躍動感がないのです。ストーリー上でハラハラドキドキを表現するには、やはりどんでん返しを上手く活用するしかないのでしょうか?

ぴこ蔵です。

ここでは一般的に広範囲に受け入れられる娯楽の作り方をテーマにしていますので、あくまでも『誰もが楽しめるお話を作る』技術とその基本となる考え方について語ります。
“面白い物語を生み出すための4つのマインドセット” の続きを読む