どんでん返しの原型10タイプ


ここまでのまとめ

どんでん返しの原型10タイプ

(1)敵の正体はこいつだ、と思っていたら、実は、同じような立場のあいつだった!

(2)敵は「主人公の内部に巣食う恐怖」だと思っていたら「主人公の外部に存在する恐怖」だった。

(3)敵は「主人公が生み出した恐怖」だと思っていたら「主人公の外部に存在する恐怖」だった。
“どんでん返しの原型10タイプ” の続きを読む

「敵のどんでん返し」8つの型

「敵のどんでん返し」8つの型

モンスターの「名前」を「特性」に置き換える

次に、モンスターの「名前」の代わりにその「特性」を代入してみるとどんでん返しの各タイプの特徴がはっきりするのじゃ。 “「敵のどんでん返し」8つの型” の続きを読む

3匹のモンスターの使い方

3monsters

モンスターの使い方

さて、それではいよいよ、3匹のモンスターの使い方をお教えしよう! なお、モンスターを使うのは「【敵】に仕掛けるどんでん返し」じゃ。

αとβに、3匹のモンスターを当てはめる。
“3匹のモンスターの使い方” の続きを読む

3匹のモンスターその3:フランケン

フランケンシュタインとは?

ブンコ
「ドラキュラ、狼男。そこまではいい。でも、フランケンの意味がわかんない」

ぴこ蔵
「良心の恐怖フランケンシュタインというのは、実は、怪物を作った博士の名前なのじゃ。モンスター自体には名前はない。これ豆知識」

ブンコ
「良心の恐怖ってどーゆーことよ?」
“3匹のモンスターその3:フランケン” の続きを読む

3匹のモンスターその2:狼男

狼男とは?

ブンコ
「狼男は『内側に潜む恐怖』だよねー。でも、誰の内側?」

ぴこ蔵
「主人公(エピソードの主役)の内側じゃ。多重人格や催眠、憑依霊、宇宙人のテレパシー、そして、主人公が組織の場合は『裏切り者』ということもある」

ブンコ
「主人公と肉体を共有するくせに人格は別で、主人公が知らない間に主人公の体を使って悪いことをするんだよねー」
“3匹のモンスターその2:狼男” の続きを読む