物語創作の知識不足を後悔しているあなたへ

物語実力チェック 「キャラ減らしのアリエルッティ」

・私の名前はキャラ減らしのアリエルッティ。有名な物語から登場人物を一人削っちゃうのが趣味なの。誰かに怒られそうだからこれ以上つっこまないでね、だははははー。
・さて、突然だけど、あなたのストーリーがいつもグダグダになってしまうのは登場人物が最低限のノルマをこなしていないからよ(きっぱり)
・みんなにきっちり仕事をさせるためには、役割分担を決めなきゃ!
・そこで、まずはあなた自身のキャラ人事能力をチェックしてみてね。
・詳しいことは次の問題に答えれば分かるわ! がんばって!

「あり得るって!「赤ずきんの狼」減らし」

問題:「狼」が登場しない『赤ずきん』の物語を400文字以内で書いてください。

<「赤ずきん」通常版のあらすじ>
赤ずきんはお母さんにお使いを頼まれて森の向こうのおばあさんの家へと向かうが、その途中で一匹の狼に遭い、唆されて道草をする。
狼は先回りをしておばあさんの家へ行き、家にいたおばあさんを食べてしまう。そしておばあさんの姿に成り代わり、赤ずきんが来るのを待つ。
赤ずきんがおばあさんの家に到着。おばあさんに化けていた狼に赤ずきんは食べられてしまう。
満腹になった狼が寝入っていたところを通りがかった猟師が気付き、狼の腹の中から二人を助け出す。赤ずきんは狼のお腹に石ころを詰め込む。眼が覚めた狼は逃げようとしてお腹の石の重みに潰されて死ぬ。

<ルール>
登場人物としての「狼」を減らしてください。ただし、「狼の噂話」や「幻想」など現実に存在しない場合は伝聞として出てきてもかまいません。
登場人物を新たに増やしてはいけません。一人減らした状態で書ききるべし。

<注意>
ただ単に狼を削除するということではなく、エンターテインメントとして面白いものを書くように努力してください。可能な限り「どんでん返し」も意識しましょう。

<何の役に立つの?>

●この問題に回答することで、登場人物の『機能』がしっかり把握できているかどうかがチェックできます

※もちろん物語の展開は自由ですが、ピントを外しているとわけの分からない話になってしまいます。

回答者にだけ、ぴこ山ぴこ蔵の「解説および回答サンプル付き講座」を自動返信します。お役に立ちます。そして、かなり面白いです(笑)

回答フォームはこちらから。

物語のテーマは「目的」と「問題」で見つける

物語を添削する時、よく相談される悩みがあります。それは「全体的にぼんやりとしてしまい、何の話をしているのかがよくわからなくなる」というものです。

そんな時、私は作者の方に「主人公が解決すべき『問題』は何か?」と質問します。

そして続けて「この物語における主人公の『目的』は何か?」と聞きます。

すると多くの場合、その二つの回答が重なるのです。違いを見つけられずに混乱してしまうと言ってもいいでしょう。

自分の作品では分かりづらいのかもしれません。そこで例えば、おとぎ話「桃太郎」をサンプルにして同じ質問をします。

Q:桃太郎が解決すべき問題は何でしょうか?
すると、最も多い回答は「鬼退治」です。

しかし、
Q:では、桃太郎の目的は?
続けてこう問われると、やはり「鬼退治」と答える方が多いのです。

つまり、「ぼんやりとした話を書いている人」は、達成すべき『目的』と解決すべき『問題』がごっちゃになっているのです。 “物語のテーマは「目的」と「問題」で見つける”の続きを読む