ちょっとユニークな往還記を読みたいなら『航路』


コニー・ウィリスの『航路』は、一生を彩るさまざまな旅の中でも、最後の最期に行くことになる最長の旅行である「死出の旅」をテーマにした小説です。

SFなので亡者が地獄めぐりをする話ではありません。アプローチはあくまでも科学的。素材として使われるのは『臨死体験』です。

ヒロインは認知心理学者のジョアンナ。NDE(臨死体験)の原因と働きを科学的に解明するべく、小児科から緊急救命室まで、迷路のような大病院を駆け回ります。

臨死体験は主観的な経験なので、体験者の記憶がどんどん変容してしまうため、聞き取り調査は急がなければならないのです。

しかし、その病院で臨死体験した患者たちはいずれ劣らぬ変わり者ばかり。なかなか有意義なサンプルデータが取れないため、このプロジェクト事態の存続が危うくなります。

そこで出会ったのが、臨死体験を再現できる薬物を発見したドクター。ジョアンナは彼と協力して、自らが臨死体験をすることになります。

ところが、思いもかけないことに、彼女の意識が体外離脱状態で訪れた場所は、なんとあの有名な……。

分厚い上下巻の大長編にも関わらず、面白くて一気に読みきってしまいました。何を書いても面白いコニー・ウィリスだけに、この作品も見事な構成になっています。

ごりごりのSFというよりも、ある意味でミステリー仕立てでもあり、あっと驚くサプライズとユーモアにあふれていて、大人の知的好奇心を充分に満たしてくれます。

ただ、この『航路』のクライマックスには、もっとスケールの大きな感動が用意されているのです。

twitterで見つけたある感想をご紹介することで(許可済み)、この作品のご案内に代えさせていただこうと思います。

「数年前、癌になった。以来「死」についてよく考えるようになった。コニー・ウィリスの『航路』は臨死体験を巡る物語。これを読んで「死とは新しい体験であり、究極の冒険なのではないか」と思った。それから正体不明の恐怖が消えた。闇に怯えず過ごせる人生は素晴らしい。この本とSFに感謝している。」

全くもって人生とは、いつ何が起こるか分からないものです。ぴこ蔵にしたって、いよいよ漂泊の想いが捨てがたくなり、ある日突然あなたの街に姿を現すこともあるかもしれません。その時はひとつよろしくお願いします。なんのこっちゃ(笑)

★航路(上下巻) (ハヤカワ文庫SF)
コニー ウィリス (著), 大森 望 (翻訳)