どんでん返しの作り方


ブンコ
「ぴこ蔵師匠、『どんでん返し』をどう作るのか? というのがテーマなわけだよね?」

ぴこ蔵
「そういうことじゃ。それではさっそく質問じゃ。『どんでん返し』を最も簡単に言い表すと何じゃと思う?」

ブンコ
「…? さっぱりわかりましぇん」

ぴこ蔵
「よいかな、耳の穴かっぽじって聞きなさい。どんでん返しとは…『 αと見せかけて、本当はβである 』ことじゃ!」

ブンコ
「αと見せかけて、本当はβ…?」

ぴこ蔵
「これがどんでん返しの基本形なんじゃよ」

ブンコ
「たったこれだけ?」

ぴこ蔵
「さよう! あとはいかに読者にαと思い込ませるかだけのことじゃな」

ブンコ
「今度は単純すぎてわかんない」

ぴこ蔵
「それではもう一度。《αだと思っていたらβだった》これがどんでん返しの構造じゃ」

ブンコ
「つまり、予想や思い込みをひっくり返されるってこと?」

ぴこ蔵
「さよう。ポイントは”思っていたら”の部分じゃ。誰が”思っていた”のかというと『読者』なのじゃ。つまり作者側からいうと《αだと思いこませておいてβを出す》という、読者に『ミスリーディング』させる技なのじゃ。どうじゃ、思いっきり簡単じゃろ? 」

ブンコ
「シンプルだねー」

ぴこ蔵
『【目的】を追う主人公がそれを邪魔する【敵】と戦う』 これが読者を物語に引き込むためのベーシックな構成である。そして読者を満足させるためになくてはならないのが「どんでん返し」なのじゃ。『αと思ったらβだった』がその基本構造である。この「どんでん返し」を構成の中心にすえて肉付けをすれば『面白いストーリー』が完成するのじゃ!」

ブンコ
「で、その肝心の「どんでん返し」はどう作るのさ?」

ぴこ蔵
「手っ取り早く言うとじゃな、どんでん返しには明確なパターンが存在する。最初はとにかくその中から選択すればよいのじゃ」

ブンコ
「マ、マジで? それってチョー楽勝じゃん!」

ぴこ蔵
「では、どんなパターンがあるのか???  ズバリ言おう! わしは「どんでん返し」を全部で10タイプと見ておる!」

ブンコ
「ええっ!? どんでん返しって、たった10タイプ?!」

ぴこ蔵
「いわば最大公約数じゃな。細かく分けていけば50、100とどんどん分けられる。しかし、それでは「どんでん返し」を作ろうとするたびに分厚い事典が必要になってしまうじゃろう?」

ブンコ
「たしかに…」

ぴこ蔵
「いつでもどこでもどんでん返しを考えるためには、常に頭の中にその構造を思い浮かべる必要がある。10タイプというのは、これ以上少ないと分ける意味がなくなってしまうし、多いと全体像を把握できなくなるギリギリの数なのじゃ」

ブンコ
「ふ~ん。じゃあ、その10タイプを覚えるとどんないいことがあるのさ?」

ぴこ蔵
「この10タイプさえ知っていれば、もうどんでん返しのネタに困ることはない。映画や小説など、さまざまな物語の「どんでん返し」が簡単に分析・理解できて、あっという間に、次々に、作れてしまうのじゃ!」

ブンコ
「ではさっそくぴこ蔵老師! 10タイプのどんでん返しとやらについて説明してちょーだい!」

ぴこ蔵
「おっと、その前に、前提となる条件を言っておこう!面白い物語の基本的なパターンとは、何度も言うが、【目的】を追う主人公が、邪魔する【敵】と戦う話じゃ。実はじゃな、どんでん返しはこの2大要素である『目的』あるいは『敵』に仕掛けるのじゃ」

ブンコ
「『目的』のどんでん返しと『敵』のどんでん返しがあるの?」

ぴこ蔵
「うむ。そういうことじゃ。【目的】と【敵】のどちらにも仕掛けることができる。そして、そのうち【目的】のどんでん返しには2タイプある。まずは『目的』のどんでん返しから説明しようかの」

★ぴこ山ぴこ蔵の物語創作支援メールマガジン★
このブログの記事は全て、ぴこ蔵メールマガジン『面白いストーリーの作り方』から転載したものです。メルマガでは「いかにして面白い物語を生み出すか?」をテーマに、毎月、ぴこ蔵流の実践的考察を続けています。バックナンバーは公開しておりませんし、ブログ記事になるまでにはけっこうなタイムラグがあります。すぐにお読みになりたい方は、以下より配信をお申し付けください。折り返し、最新号が届きます!

創刊2004年、愛されて好評配信中! 今すぐ無料登録!
登録はこちらから。